SH370R8

第8/9世代Coreと大型グラフィックスボードに対応
圧倒的な性能・拡張性を実現できるキューブ型

Intel H370チップセットを採用し、CPUはTDP95WまでのIntel 第8/9世代Core i3/i5/i7/i9、Pentium、Celeronを搭載可能。ストレージは高速なM.2 SSDに対応するのはもちろん、3.5インチベイを4つ備え、超大容量も実現できます。さらに、PCI Express 3.0 x16スロットを備え、グラフィックスボードは2スロット占有の大型タイプも増設可能。コンパクトなキューブ型ながら、タワー型のマシンにも引けを取らない圧倒的な性能・拡張性を実現できます。

Intel H370チップセットを搭載し
第8/9世代のIntel Coreプロセッサーに対応

チップセットにIntel H370を搭載し、TDP95WまでのIntel 第8/9世代Core i3/i5/i7/i9、Pentium、Celeronを搭載可能。予算やニーズに合わせて最適なCPUを選べます。たとえばCPUに第9世代インテル Core i9プロセッサーを搭載すれば、コンパクトなキューブ型ながら圧倒的な高性能を実現できます。※弊社ダイレクトショップで、仕様の上限となる構成を選択できるとは限りません。

LGA1151ソケットを装備し、第8/9世代のIntel Coreプロセッサーを搭載できます

Shuttle製キューブ型ベアボーンではおなじみの独自冷却機構「I.C.E.ヒートパイプ」を搭載。CPUの熱をヒートパイプでケースの背面にある巨大なフィンに伝え、ケース内の熱とともに効率良く外部へ放出。高クロックCPUもしっかり冷やし、安定した動作を実現します

Intel H370チップセットはDDR4メモリーに対応。小型ながらメモリースロットを4本備えており、DDR4-2400/2666を最大64GB(16GB×4)まで装着できます

タワー型にも引けを取らない
圧倒的な拡張性を実現

長年キューブ型ベアボーンを開発してきたShuttleならではのノウハウを詰め込んだ設計により、圧倒的な拡張性を実現しています。まず、拡張スロットについてはPCI Express x16スロットとPCI Express x4スロットを装備。ゲーミングPCに欠かせないグラフィックスボードも2スロット占有のハイスペックモデル(最大280x120x40mmまで)を増設できます。さらに、内部3.5インチベイは4つ装備。超大容量を実現できるほか、RAIDにも対応しているので、複数のディスクを組み合わせて高速化や信頼性の強化も図れます。※弊社ダイレクトショップで、仕様の上限となる構成を選択できるとは限りません。

拡張スロットはPCI Express x16スロットとPCI Express x4スロットを用意。2スロット占有タイプのグラフィックスボードも取り付けられます

ドライブベイには3.5インチドライブを4台まで搭載できます

M.2、PCIE接続のSSDも搭載可能
Intel Optane メモリーでHDDの高速化も

マザーボード上にM.2 2242/2260/2280 Type Mスロットを装備し、M.2のSSDも搭載できます。PCI Express 3.0 x4接続に対応。Serial ATA接続が最大6Gbpsなのに対し、最大32Gbpsと転送速度が圧倒的に速いため、対応SSDの性能を最大限に引き出せます。そのうえ、Intel Optaneメモリーが使えるのもポイント。Serial ATA接続HDDのキャッシュメモリーとして利用可能で、大容量と高速化を両立できます。さらに、M.2 2230 Type Eスロットを備え、別途無線LANモジュール「WLAN-M」を取り付ければWi-Fiも使えます。

M.2のSSDは主流のtype 2280形状を取り付け可能。もちろん、NVMe規格にも対応します。もう1つのM.2スロットには無線LANモジュールなども増設できます

前後に豊富なインターフェースを装備
さまざまな周辺機器を接続できる

前後に豊富なインターフェースを装備し、液晶ディスプレイや外付けHDD、USBメモリーなど、さまざまな周辺機器を接続可能。最大10Gbps(理論値)もの高速データ転送が可能なUSB3.1 Gen2に対応しているのも本製品の大きな特徴です。

前面下部にはType-AのUSB3.1 Gen1×2とマイク入力、ヘッドホン出力端子を装備

背面にはDisplayPort×2、HDMI、LANのほか、USB3.1 Gen2×4、USB3.1 Gen1×2、USB2.0×2なども装備しています

CPUのグラフィックス機能で
4K出力やマルチディスプレイにも対応

HDMI2.0a接続による4K(4096×2160)/60FPS出力に対応。CPU内蔵のグラフィックス機能を利用して、高精細で滑らかな映像を出力できます。また、HDMIとDisplayPort による3画面または2画面のマルチディスプレイもサポート。広い作業スペースが手に入ります。

搭載する2つのDisplayPortとHDMI端子により、最大3台のディスプレイに出力できます

80 PLUS SILVERを取得した
大容量の500W電源を搭載

新たに80 PLUS SILVERを取得した高効率の電源ユニットを採用したのも大きなポイント。無駄な発熱が少なく長時間も安定した動作を実現します。出力も500Wと大きいため、ハイスペックなグラフィックスボードや複数のドライブを搭載しても安心です。

500Wの電源ユニットを搭載。電源端子はメイン、ATX12Vのほか、PCIE(8ピン、6ピン)、Serial ATA×2、ペリフェラル×2、FDDを備えています

その他の特徴

頑丈で放熱性に優れた金属製のケースを採用
Wake On LANやPower on by RTCに対応

製品名 SH370R8
形状 キューブ型
素材 アルミ
外形寸法 幅216×奥行き332×高さ198㎜
重量 3.5kg/5kg(化粧箱を含む)
対応OS Windows 10(64ビット)
Linux※
CPUソケット LGA1151 ※第8/9世代CPU対応
チップセット インテル® H370
対応メモリー DDR4-2400/2666DIMM×4(最大64GB)、デュアルチャンネル×2対応
拡張スロット PCI Express x16 3.0×1
PCI Express x4 3.0×1
PCI Express x1 非搭載
Mini PCI Express 非搭載
M.2 type M slot 1(type 2280、type2260、type2242対応×1)
※PCI Express 3.0 x4(最大32Gbps)またはSerial ATA v3.0(最大6Gbps)をサポート
M.2 type E slot 1(type2230対応)
※PCI Express 2.0 x1およびUSB2.0に対応
PCI 非搭載
インテル® Optaneメモリー 対応※使用するには第8/9世代 Intel®プロセッサー
(Optaneメモリー対応CPU)が必要
ドライブベイ 5インチ 非搭載
3.5インチ 4
2.5インチ 搭載可(ベイに搭載できる2.5inchは1つまで、2以上の場合はPHD3が必要)
オーディオ Realtek® ALC662、5.1チャンネル、HD Audio
ネットワーク デュアルギガビットLAN(インテル® I211×2)、Wake-On-Lan(WOL)
オンボードコネクター Serial ATA 6Gbps 4
Serial ATA 3Gbps 非搭載
mSATA 非搭載
電源 500W(80 PLUS SILVER)
電源コネクター ATXメイン 20ピン 1
ATX12V 4+4ピン 1
PCI Express 6ピン 1
PCI Express 6+2ピン 1
Serial ATA 4
ペリフェラル 4ピン 1
FDD 1
Mini-ITX互換 対応
無線LAN オプション(WLN-M)で対応
Bluetooth オプション(WLN-M)で対応
ファンレス 非対応
VESAマウント 非対応
付属品 マニュアル、XPCドライバーDVD、CPU熱伝導グリス、SATAケーブル×4、電源ケーブル、ねじセット
入出力端子
映像端子 HDMI×1(HDMI2.0a)
DisplayPort×2
外部接続端子(前面) USB USB3.1Gen1 ×2
COMポート 非搭載
オーディオ ヘッドホン出力×1
マイク入力×1
カードリーダー 非搭載
eSATA 非搭載
外部接続端子(背面) USB USB2.0×2 USB3.1Gen1 ×2 USB3.1Gen2 ×4
eSATA 非搭載
eSATAパワーコネクター 非搭載
LAN 2
オーディオ ライン入力×1
スピーカー出力×1
マイク入力×1
S/PDIF 非搭載
シリアルポート 非搭載
PS/2 非搭載
CMOSクリアボタン 1
ケンジントンロック 対応

関連記事

  1. SH310R4V2

  2. DX3000

  3. XH310R

  4. DS6800U

  5. DS81

  6. DS1000U